患う人が多いヘルニア

椎間板ヘルニアのレーザー治療は30万円から50万円程度で行われています

人間の腰にかかる負担は、ほかの動物にはほとんど腰痛を持つものがいないことを考えますと、いかに大きいのかが分かりますし、実際に腰に係わる病気がとても多いことからでも良く理解できるはずです。 こうした腰に係わる病気のうちで、椎間板ヘルニアというのは多くの人が患って、医療機関でレーザー治療を受ける人も増えてきています。 では、椎間板ヘルニアでレーザー治療をすると、どの程度の費用が必要になるかと言うと、この治療法は現在のところ健康保険の適応を受けていないので、基本的に全額自費での治療になります。 このため、椎間板ヘルニアのレーザー治療の費用は、個々の医療機関によって異なりますが、30万円から50万円程度で行っている所が大半です。

手術療法は患者への負担が少なくなってきています

このような椎間板ヘルニアのレーザー治療ですが、椎間板ヘルニア手術療法は、はじめはやはりメスで大きく切開して、突出した椎間板を摘出することから始まりました。 しかし、大きな切開をすることから、入院期間が長くなりますし、麻酔も全身麻酔が必要になります。 そこで、より少ない患者への負担ということで、内視鏡手術が行われるようになりまして、数日間の入院で済むようになりました。 そこからさらに患者への負担を少なくするために、レーザー治療が開発されるようになりまして、日帰りあるいは1日程度の入院で済むようになったのです。 今後は、このレーザー治療がより普及してくるはずですから、健康保険の適応も受けることが可能になると予想されます。