痔の治療は病院へ

かかる肛門科の選び方がポイントです

病気の種類の中で、多くの人がなりたくないと思うものが「痔」です。 他人には知られたくない病気ですし、患部を見せるのが恥ずかしいという理由から、病院へかかることをためらう人も多いのです。 特に女性は、デリケートな部分の疾患ですから、病院へかかることを避けて痛みなどを我慢し続けてしまうのです。 ですが、そのままで放置していては自然治癒は難しいですし、更に悪化する可能性もあります。 ですから、肛門科での治療をきちんと受けて頂きたいです。 そこで、「恥ずかしくない肛門科へのかかり方」をご紹介します。 まず、病院を選ぶ時のポイントは、肛門科だけを専門にしている病院は選ばないことです。 例えば、肛門科と胃腸科を専門としているような病院を選んで下さい。 複数の科を専門としている病院を選ぶことで、自分がその病院の肛門科へかかっていることは、外部の人から知られることがないからです。 また、院内で診察を待つ間も、自分がどの科へかかっているのか、周りの患者からは知られずに待つことができます。 更に、同性の医師が診察を行っている病院を選ぶことで、診察時の恥ずかしさもずいぶん緩和されます。

手術も快適に行えます

一昔前の肛門科のイメージといえば、手術をした後もしばらく続く患部の痛みや、入院期間が長くかかるなどのデメリット要素が多いイメージがありました。 ですが、近年では肛門科での医療技術も進化しています。 現在では、痔の症状が一般的なものであれば、日帰り手術も可能なのです。 入院の必要がなく自宅で療養できることは、患者にとってもたいへん嬉しいことです。 また、できるだけ少ない痛みで行える手術法もあります。 このように、肛門科へ行くことや痔の手術は、多くの人が想像しているよりもたいへん楽にできることなのです。 長い間、痔に苦しんできた人にも快適な生活が手に入ります。 肛門の違和感でお悩みの方は、まずは少しの勇気を出して、ぜひ肛門科へ足を運んでみて下さい。